メール配信サービスは今やビジネスや普段の生活に不可欠な存在となりました。一斉に大量のメールを送信したり、特定のリストを設定すればリスト内の宛先に適した文面のメールを送信することができます。ここではメール配信サービスを選ぶポイントや導入するメリットを紹介します。

メール配信の選び方

メール配信サービスは数多くあり、各々特徴が全く異なります。その特徴や機能を理解し、メール作成の目的や送信先に合った配信の仕方ができるメール配信サービスを選びましょう。ここでは各社のサービスを選ぶ際に知っておきたい、選ぶポイントをお伝えします。

クラウド型の特徴と料金プランの相場!

オンプレミス型の特徴と料金プランの相場!

二つの型の機能の相違点について

二つのメール配信とは?クラウド型とオンプレミス型の特徴

メール配信システムにはクラウド型とオンプレミス型の二つの種類があります。クラウド型はインターネット環境さえあれば即日に始めることができるもので、初期費用を抑えることが可能です。業者が用意したアプリケーションやサービスを利用することにより、サーバを自社で用意する手間が省けるのが特徴です。膨大な顧客データやメールの配信でかかる負担はメール配信業者が担うことになり、利用者はネット環境と管理者の許可とアクセス方法だけを把握しておけば簡単にメール配信が行えます。 一方オンプレミス型は自社のパソコンやサーバに、サービスをインストールすることでメール配信のシステムを利用する物です。サービスを自社で購入、管理、運営していくため、SIerなどにそれらを委託することになります。

二つの型はどう違うの?

クラウド型とオンプレミス型はそれぞれかかる手間やコストが異なります。しかし二つの型の大きな相違点はそれだけではありません。クラウド型はサーバやシステムを自社で用意する必要はありませんが、その分自由度が減ってしまいます。カスタム出来る内容によっても料金プランが変わり、また業者の都合によるシステムの変更なども起こり得ます。一方のオンプレミス型は自社で設計や運営を行うため、希望通りのシステムを構築することが可能です。そのため外的な要因でのシステム変更が少なく、希望に沿った柔軟な設定を行えます。 セキュリティ面でも外部のサーバに情報を預けることになるクラウド型と自社内に留めておくオンプレミス型では、オンプレミス型の方が漏えいの可能性が低くなります。メール配信の機能は大きく異なることはありませんが、細かな自由が利くのがオンプレミス型、システムをカスタムするのがクラウド型という相違点があるのです。

メール配信導入

メール配信サービスを導入する際には知っておくメリットとデメリットがあります。これらのポイントを知らずに導入すると、見てもらいたいメールも見てもらえていないという結果になりかねません。そうした事態を防ぐためにも、メリットだけでなくデメリットも把握しておくと良いでしょう。

メール配信サービスを導入するメリット

社内システムから大量のメールを配信する場合、ネットワークの使用帯域を占用してしまい他の社内システムに影響を与えてしまう可能性があります。そのために配信タイミングを深夜にすると受信ユーザーがメールを…

メール配信サービスを導入するデメリット

新商品発売の案内や売り出し情報などを素早く簡単に伝えるにはメール配信のサービスが便利です。多くの登録者に対して一斉にメールを送信することができるので、個別で対応するよりも効率的です。ただ、デメリッ…

メール配信サービスを使用する際の注意点

メール配信サービスの導入を計画するうえで、様々な業種の法人顧客が利用している業者の専用のサイトを使って、一度にどのくらいの数のメールが送信できるか比較をすることが大切です。たとえば、定額料金を支払…